次原先生のトークショー

今日は次原先生のトークショーに行きました!

写真は撮れなかった(とっていいかどうか分からなかったのでしませんでした)ので話だけ。

国際漫画祭のイベントの一環で、開催されると聞いたのですぐに申し込みました...

当時の担当者の方と次原先生がやってきて、スライドを使いながら色々なお話しをしてくれて楽しかったです!

最初は次原先生の紹介や、今までに描いた作品(メカドックだけじゃなくロードランナーとか251とか)を思いでと一緒に色々お話しが聞けて面白かったです。

政治漫画を描いていた頃にペンネームを少し変えた?頃があったそうですが、当時の編集の方と「絵でバレちゃうよね」と話したけど江口寿史先生だけ気づかなかった話や、今までの漫画の取材で行ったF1の写真など門外不出のものまで見せて貰って面白かったです。


あとメカドックのことを紹介する際に担当者の方がメカドックのあらすじを話したら先生が「ほぼほぼWikipediaですね(笑)」と笑っていたのも面白かったです!


というか次原先生は意外とネットを見てるんだなぁと思いました。「黒歴史」とか「Wikipedia」とか仰っていたので少し驚きました。(Twitterとかブログもやっていないのであまりネットを触らないイメージが自分の中であった)

そしてメカドックの紹介に入ったのですが、そこで驚いたのは、書き下ろしの見たことないイラストがたくさんあった事です...

一つ一つ「キャノンボール編」や「ゼロヨン編」~などスライドを使いながら紹介されたのですが、主要キャラクターとマシンのイラストが書き下ろしも多く入っていて驚きました

すごく写真撮りたかったのですが我慢しました。

例えば、松桐坊主とダルマセリカのイラストは松くんが坊主くんを肩車してそれをニコニコしながら見つめる桐くんや、ドレスアップ編の扉絵のスクーターに乗る風見くんのイラストをリメイクしたイラストや(当時のも可愛くて好きだったのですが、リメイク版だとカッコよくなってる)、サーキットGP編のグレーサーZと風見くん(これ本当にカッコよかった)とブルドッグといっつぁん(どや顔本当に可愛いかった)しかも本編と同じレーシングスーツを着ていて、やばかったです.. 

優ちゃんのミニパトのイラスト(最近の先生の描く女性キャラ、すごく大人っぽくて好き)や、お店の前で三人でいるメカドックの絵や、血の気の多そうなカッコいい那智さんなどの見たことないイラストがたくさん見れて嬉しかったです。

写真撮れなかったし保存したかったのでまとめて画集とか出してほしい...

あと那智さんを作るときに「RX-7みたいな孤高の男を作ろう」など決めて作ったと聞いて驚きました

他に那智さんについては「たまにファンの方に那智さんはアメリカに行ったあとどうなったんですか」と聞かれたりするという話もよかったです。

あと東條さんのピアッツァの紹介の時に「未だにツインエンジンでブレーキがないことに突っ込まれます」という話をしていて会場の方が少し笑ってました...

東條さんの名前のモデルはシティーハンターの原作者の北条先生という話や、ナベさんの下の名前の「俊光」というのは当時の編集?の方に勝手に決められてそのまま使っているという話にはへぇっ~となりました。

質疑応答の時間はなかった(時間を大幅にはみ出したので)のですが、トークショーが終わった後に突然サイン会が始まって、自分も書いて貰いました。

流石に他の方のように写真を一緒に撮るとか握手をするなどの勇気は出なかったので、サインだけ頂いて帰りました。





目の前でサラサラっ~と書かれたので驚きました。
大切に保存します。

楽しいトークショーでした!!


ちなみに国際漫画祭の方もみました!

花の慶次の原画すごく綺麗でした!
ファンにはたまらない。

インプルエンザ・プラダンス

二次創作物を載せるサイト/絵中心。腐向けあります。

0コメント

  • 1000 / 1000